非常持出袋の中身、年に一度は点検しましょう

非常持ち出し袋のイメージ画像

もうすぐ9月1日、防災の日。
防災の日は、1960年に政府によって定められました。

 

また、1982年からは9月1日「防災の日」を含む1週間が「防災週間」とされ、防災知識を普及・啓発して防災意識を高めるために、防災訓練などの行事が各地で行われています。

 

8月から9月にかけては台風の接近・上陸が多く、この時期は災害・防災について考えるいい機会。自宅に備えてある防災グッズを点検しませんか? 避難用品・非常持出品は、少なくとも一年に一度は中身を点検するのがおすすめです。

 

【防災グッズ点検ポイントの例】

  • 水、食品の消費期限
  • ラジオや懐中電灯はきちんと作動するかどうか
  • 新たに追加するべき防災グッズ、避難用品
  • 特に赤ちゃんやお子さん、高齢の方々のために、新たに必要になったもの

 

消費期限が近い非常食は、アレンジを加えて食事に取り入れてしまうのがオススメ。
「ローリングストック法」を実践し始めるのにもよい機会ですね。
防災キングのショップブログでもアレンジ方法を紹介しています。
http://www.bousaiking.net/?cat=7

 

尚、防災グッズの点検と合わせて、

  • 新たに家具を購入するなどして、家の中で危険な箇所は増えていないか
  • 避難場所までの経路に変わりがないか
  • 避難経路に危険そうな箇所が新たにできていないか

などについてもチェックしておけると、いざというときにより安心です。

 

総務省消防庁のウェブサイトに、非常用持ち出し品の準備やチェックについて参考になりそうなページがありました。

・防災グッズの紹介
http://www.fdma.go.jp/html/life/sack.html

・非常用持出品チェックシート
https://www.fdma.go.jp/relocation/bousai_manual/too/pdf/mocidashi.pdf

 

青葉防災の通販サイト・防災キングでは、非常持ち出し袋や持ち出し品のセットを取り揃えています。ぜひご覧ください。
災害対策用品、持ち出し袋のページ→

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena