年末年始は火災に注意しましょう

年末年始になると、なぜか「火災」や「放火」のニュースが多くなります。
空気が乾燥することで火の手が早くなり、大規模な火災につながるといった気候的な理由や、年の瀬の慌ただしいときにむしゃくしゃして、一時の現実逃避の手段として放火をしてしまうといった無責任な犯罪など、あらゆる角度からの要因がこの時期に火災を引き起こします。

では、そういったリスクから家を守るにはどんなことを心がけたらよいのでしょうか。

火災を未然に防ぐには、家の周りに燃えやすいものを置かないといった物理的な対策、隣近所以外の人を見かけたら声をかけるといったコミュニケーション面からの対策などちょっとした工夫でできることがいくつもあります。
また、防犯の意味も込めて、人感センサー付きの照明の設置もおすすめです。

そして、いざという時の初期消火に必要な家庭用消火器も備えておきたいものです。
青葉防災本店ショップ・防災キングでも取り扱っておりますので、ぜひご覧ください。

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena