住宅用火災警報器をチェック

2006年に消防法が改正され、すべての住宅(一般家庭)に住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。新築住宅はその年の6月から、そして既存住宅はお住まいの市町村により定められた日より設置が義務付けられています。

10年以上経った現在、当時取り付けた住宅用火災警報器は本体交換の必要や電池切れを起こしている可能性があります。ご家庭の天井等に取り付けられている住宅用火災警報器はいざという時にきちんと作動するでしょうか?

点検の方法や交換の仕方が分からないときは、お近くの消防署にご相談ください。また、弊社近隣の企業や団体等での点検の場合は、ぜひ青葉防災へご相談ください

消火器同様、残念ながら悪徳業者が売りつけるケースがあとを絶ちません。訪問販売等で購入するときは、十分お気をつけください。

参考サイト:
一般社団法人 日本火災報知機工業会スペシャルサイト 「10年たったらトリカエル」
http://www.torikaeru.info/

横浜市消防局 予防部予防課
http://www.city.yokohama.lg.jp/shobo/juukeiki/

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena